[Announce 68] [プレスリリース]アルファプロジェクト、ARM9内蔵AP4010プロセッサ搭載ボードを発売

announce-admin @ embedded.jp announce-admin @ embedded.jp
2006年 7月 3日 (月) 15:42:37 JST


2006/7/3
「日本の組み込み情報」(www.embedded.jp)
アナウンス用メーリングリストの皆様

いつも本サイトをご利用いただき誠にありがとうございます。

さて、株式会社アルファプロジェクト殿よりプレスリリースが届きましたのでお知らせ
いたします。

-----
ALPHA PROJECT News Release
2006年05月

 ARM9内蔵AP4010プロセッサ搭載ボードコンピュータ「EMP-ARM9」発売
 〜 一台にグラフィック・サウンド・ヒューマンインタフェースを搭載、
  低コストなマルチメディアボード 〜

電子応用機器の研究・開発をおこなう 株式会社アルファプロジェクト(代表取締役:
伊達隆昭)は、ARM9コア内蔵のマルチメディアプロセッサ「AP4010」を搭載したボード
コンピュータ "EMP-ARM9" を2006年6月10日に発売いたします。

【型式・価格(予定)および発売日】
ボードコンピュータ EMP-ARM9 / \31,500(税込) / 2006年6月10日* / 目標販売
台数:年間 1,000台
通信ボード EMP-ARM9COM / \14,700(税込) / 2006年6月10日* / 目標販売台数:
年間 1,000台
*2006年7月より順次出荷いたします。

【概 要】
◆EMP-ARM9
EMP-ARM9は、ARM9コアを搭載したアプローズテクノロジーズ社製プロセッサ「AP4010」
を採用した、組込み向けマルチメディアプラットフォームです。
LCDコントローラ、PAL/NTSC出力や音声入出力、タッチパネル等のヒューマンインタ
フェースを装備しているため、手軽にエンターテイメント性の高いマルチメディア機器
の開発をおこなうことができます。
また、OSにLinuxとiTRONを採用することにより、コンパイラ等をロイヤリティフリーで
利用でき、開発コストを最小限に抑えることができます。

◆EMP-ARM9COM
EMP-ARM9COMは、EMP-ARM9にEthernet、USBホスト、シリアルI/Fを追加する、通信イン
タフェースボードです。

- AP4010の評価・試作のほか、教育・研修用途などにぜひご利用ください。

【AP4010について】
AP4010は、情報端末や操作パネルのUI制御などに最適なARM926EJ-Sを内蔵したマルチメ
ディアプロセッサです。
グラフィックエンジンや、ビデオ、オーディオ、USBなど、アプリケーションの実現に
必要な周辺機能をワンチップ化しているため、コストを最小限に抑えつつ、高機能なマ
ルチメディア機器を開発することができます。また、きわめて低い消費電力により、電
池駆動も可能です。

【特 長】
●ARM9コア搭載「AP4010」プロセッサ採用
●OSにLinuxとiTRONを採用 − コンパイラ、ドライバをロイヤリティフリーで利用でき
 ます
●ハードウェア仕様をすべて公開 − 開発評価用リファレンスボードとして利用できま
 す
●ドータボード、LCDパネル、専用ケースなど豊富なオプション製品をご用意
●カスタマイズ製品の供給にも対応

【用 途】
情報端末、民生機器、産業機器、操作パネル制御など

【製品仕様】
◆ボードコンピュータ EMP-ARM9
CPU:
AP4010 CPUコア:108MHz バスクロック:108MHz
命令キャッシュ:8KB
データキャッシュ:8KB
命令RAM:8KB
データRAM:16KB

メモリ:
NORFLASH 4MB 16bit
NANDFLASH 32MB 16bit
SDRAM 32MB 16bit

シリアルI/F:
2ch

USB I/F:
USB2.0 FULL-SPEED (Function)×1

VIDEO出力:
32,768色 NTSC/PAL対応

LCD出力:
16bitRGB 最大800×600dot対応

AUDIO出力:
12bit ステレオ出力 0.25W出力

マイク入力:
モノラル入力 10bit

PS/2:
PS/2 ×2

GPIO:
44本 (兼用端子含む)

カレンダタイマ:
内蔵RTC ボタン電池(CR2032)にてバックアップ

スイッチ:
リセットスイッチ×1 パワースイッチ×1 汎用操作スイッチ×3

外部拡張バス:
ドータボード専用コネクタ(0.8mmピッチ) 60pinコネクタ×1
外部拡張用コネクタ(2.54mmピッチ) CN1 60pin:バス制御信号
CN2 60pin:IO系信号

JTAG:
20pinコネクタ 各社JTAGデバッガ対応

LED:
パワーLED ×1 ステータスLED ×1

電源:
ACアダプタ接続:DC5V ±10% または USBバスパワー:DC5V

消費電力:
1W以下 (外部負荷なし、ボード単体)

基板寸法(mm):
100 × 117 × 1.6 (コネクタ、突起物含まず)

◆通信ボード EMP-ARM9COM
LAN I/F:
10Base-TX RTL8019AS(Realtek)

USB I/F:
USB1.1ホスト 2ch  ISP1161A1(Philips)

シリアルI/F:
UART 1ch  TL16C550D(TI)

コネクタ:
50pinコネクタ×1(0.8mmピッチ)

基板寸法(mm):
100 × 80

【製品URL】
http://www.apnet.co.jp/product/arm/index.html (製品情報)
http://www.apnet.co.jp/images/arm/emp-arm9_l.jpg (製品写真)

-------------------------------------------------------------------------

※記載の社名、商品名は各社の登録商標および商標です。
※記載の内容および価格は、製品改良のため予告なく変更する場合があります。

-------------------------------------------------------------------------

株式会社アルファプロジェクト
〒433-8122 静岡県浜松市上島4-4-24 
Tel:053-464-2166 Fax:053-464-3737 
E-mail:sales @ apnet.co.jp
-----

是非とも、会社や学校の先輩・後輩の方々、知人・友人の方々、取引先の方々等にも
本サイトならびにメーリングリストをご紹介いただければと思います。

それでは、引き続き本サイトをご利用いただけますようお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------
「日本の組み込み情報」(http://www.embedded.jp/)に関するお問い合わせ、
オンライン広告のお申し込みは、info @ embedded.jpまでお寄せください。
--------------------------------------------------------------------------




Announce メーリングリストの案内